しっかりとした検査が必要だった・・・プライバシーマークの取得!

プライバシーは全ての国民に設けられた制度です。

プライバシーは国民全ての人の人権を守るために設けられた制度です。多くの人がプライバシーと個人情報を混合して考えていますが、厳密に言うと違います。個人情報は個人を特定できる情報ですが、プライバシーは個人の私生活などを外部に漏らした場合に適応されます。テレビに出演している芸能人でもプライバシーが固く守られているために、プライベートで芸能人を見かけてもその様子をむやみやたらに、他人に話してはいけません。

プライバシーマークの重要性!

企業がプライバシーを外部に漏らさないことをはっきりさせるためにプライバシーマークが設けられています。プライバシーマークは簡単に手に入れることができず、プライバシーマークを入手するためには申し込みをして審査に通過する必要があります。しかし、プライバシーマークの有効期限は2年間になっているため、有効期限が満期になったら新たに申請をする必要があります。プライバシーマークを取得することによって、企業の信用度が上がるために多くの企業がプライバシーマークを取得しています。

立ち入り検査が必要です。

プライバシーマークを取得するためには審査が必要ですが、審査内容は非常に厳しいものになります。プライバシーマークを取得するための審査は、立ち入り検査があります。立ち入り検査を行う場合には個人情報を保管するための鍵付きロッカーや不要になった書類を処分するためのシュレッターなどが必須になります。企業ではパソコンを使用しますが、来客者からパソコンの画面が見えないようにバーテーションを使用するなどして関係者以外にはパソコンの画面が見えない工夫をしなくてはいけません。

機密文書は、会社にとって重要な書類であり、時には会社の存続にかかわる物でもあります。機密書類は特定の関係者のみが知る内容であり、書類には機密書類の記号を付し厳重な保管が必要となります。