起業をするならばフランチャイズ!そのメリットとは

ノウハウを得られるのでメリットがあります

起業をする方法として、フランチャイズがあります。これはノウハウを得ることができる方法です。企業が完全に作業をマニュアル化することによって、誰でもできるようにしています。小売業やサービス業などで多くなっています。例えば、コンビニなどはその代表的な例であるといえます。コンビニなどでは仕入れの一括化、配送ルートの効率化によって、十分にメリットがあるのでどんどん加盟店を増やそうとしています。増えれば増えるほど単価が減るからです。

利益が出るのかどうか

いくらフランチャイズといっても、利益が出ることが確定的であるわけではないです。それはあくまで個人的な経営のポイントを掴んでおく必要性があります。但し、それでもなかなか難しいことではあります。フランチャイズ本部からの指示もありますし、そこまで柔軟性、自由度があるような商売ではないです。マニュアルがあり、ノウハウを得られる、というのは、それに従う必要もあるからです。そこがややネックと言える点であるといえます。

原則的な考え方として

フランチャイズでの起業をするのは原則的には利益がある程度見込めるのであれば、かなりお勧めできます。これは安定した売り方ができるからです。既に確立された販売方法や或いは商品を売るからです。そうした意味ではリスクが低いといえます。しかし、立地の問題もありますし、契約金やロイヤリティの内容もよく確認する必要があります。原則的なこととして、かなり綿密な経営計画が必要になります。これはどんな商売にもいえることです。

代理店とは商品の販売やサービスの提供等の取引を代理して行うお店や企業の事です。例えば保険であれば保険会社の変わりに保険の紹介や契約を行います。